MENU

生え際にグロースファクター注入治療が私には最終手段だった!【体験談】

注射

生え際が後退したり薄くなるのは、AGA男性の半数以上が経験する事だろう。頭頂部が極端に薄くなる人も中にはいるが、だいたいは生え際も同時に薄く後退がはじまっている。で、その生え際に関してだが、この部分の治療は非常に難しいと言われているのが実状だ。

 

ぶっちゃけた話、市販されている育毛剤などでは中々生え際の改善が見込めないのが実状ではないかと思っている。そこで自己流がダメならと医者にかかるわけだが、お医者さんに任せれば医薬品を処方してもらう事が出来るし、生え際に最も効果的だと認められているプロペシアを使って治療に取り組む事も出来る。

 

ただし、ただしだ!AGA体質が強い男性にとっては、ただプロペシアを飲むだけでは頑張って維持の状態が続く程度で改善までは成しえない事も多いのが、これまた実状なのだ。生え際は一度後退したら改善は難しいと言われているのはそのためである。

 

そこでプロペシアだけでなく、ミノキシジルの併用が良いとされている。今多くの病院が取りいれているベーシックな生え際治療法と言ってもいいだろう。生え際治療というかAGA治療だね。プロペシアで男性ホルモンの働きを抑制し、その上でミノキシジルによって血流を良くして栄養の伝達を促す。つまりは発毛を促すというわけだ。

 

で、それでもなお効果が認められない男性には、さらにここで注目されてる「注入治療」が行われるというわけだ。つまり、育毛メソセラピーやグロースファクター療法などがそれだね。ここでやっとグロースファクターという言葉が出てきたわけだが、生え際の治療にはこのグロースファクターが最終段階の治療法として位置づけられている。

 

生え際を気にする20代男性

実際に私の若ハゲはプロペシアとミノキシジル、その他栄養成分による内服外用薬治療を行ってきたが、中々改善の効果が見られなかった。そこで私はお世話になった銀クリで育毛メソセラピーを受け、フィナステリドやミノキシジル、グロースファクター(成長因子)、ビタミン類などを配合した注入治療を受けた。その結果、半年の治療期間を経て、なんとか目標としているラインまでの改善が見られたと言うわけだ。

 

私が思うに、生え際の対策としてグロースファクターは最終段階に近いが、その後は自毛植毛かカツラしかないのではないかと思っている。自毛による再生を目指すのであれば、自毛植毛の手前一歩がグロースファクター注入治療ではないだろうか。生え際の後退を20代で経験した私にとっては、このグロースファクター注入治療が残されていたことに感謝するばかりだ。

君に該当する若ハゲ探偵(画像)をクリックしてくれ!

抜け毛が気になる、将来が不安だ、髪のボリュームが減った、いわば若ハゲ予備軍の段階にいる君はコチラ!

すでに自他ともに認める若ハゲであり、自宅ケアではなく医学的な治療が必要だと感じている君はコチラ!

若ハゲ育毛剤おすすめ

若ハゲ治療

生え際にグロースファクター注入治療が私には最終手段だった!【体験談】関連

AGAのメカニズムを解説!なぜ起こるのか?
若ハゲであるAGAはなぜ起こるのか?そのメカニズムについて若ハゲ探偵が詳しく解説してみた!少しややこしい話になるが、参考にしてもらいたい。
若ハゲ治療で保険が適用されないのはどうして?
医療機関で若ハゲの治療を行う場合、自由診療で保険適用外になるため、治療費を全額負担することになる可能性が高いです。
若ハゲ治療薬の医薬品と医薬部外品には何がある?
若ハゲを治療する方法にはいろいろありますが、病院での診断を受けずに治療する場合や病院での治療の補助的な役割で、市販されている育毛剤などを利用することが多いのではないでしょうか。
プロペシアとブブカのどっちを使うべき?体験談からアドバイス!
プロペシアを使うべきか?それともブブカを使うべきか?副作用などの心配を考えるとブブカが良い気がするのだが、本当にブブカで大丈夫か?やっぱり医薬品のプロペシアじゃないと駄目なのか?