MENU

若ハゲ治療で保険が適用されないのはどうして?

若ハゲ探偵

 

ここでは若ハゲの治療にかかる保険や支払の分割ローンなどについて語るよ。若ハゲの治療にはお金がかかるから、しっかりと読んで理解してもらいたい!

 

自毛植毛だと50万とかそのくらいの費用が必要になるけど、医薬品を使った若ハゲ治療なら月に1万から3万程度が相場だ。メソセラピーなどを使っても銀クリだと半年で15万くらいだからローンを組むほどではないかと思うぜ!


 

医療機関で若ハゲ治療を行う場合、自由診療で保険適用外になるため、治療費を全額負担することになる可能性が高いんだ。TVCMや番組の影響もあって、以前に比べれば、若ハゲを医療機関で治療する場合も増えているが、負担する治療費を気にして、薬剤を個人輸入などの方法で手に入れる人も多いようだ。気持ちは分からないではないが…。

 

若ハゲ治療が保険適用の対象にならないのは、病気や怪我の治療のように命に関わるようなものではなく、予防や健康維持のための行為だからである。たとえば、若ハゲの治療を医療機関で行っているときに、別の病気がわかり、それを治療する場合には、その分だけは適用されたりもする。

 

保険適用外でも、確定申告では医療費控除対象にはなる。そのため、申告すると治療費の一部が還付される。もちろん個人輸入などで購入した場合には医療控除の対象にはならないから、全額自己負担で利用しなければならない。自分の懐具合や髪の状態などに合わせて、自分に合った方法で若ハゲ治療を行っていこう。

 

若ハゲの治療費はローンを組むことができるってホント?

 

薄毛や抜け毛の治療は自由診療だから、保険は効かない。上述の通りだ。つまり、若ハゲ治療費には保険が適用されないから、普段病院を利用するときに比べれば高額の費用がかかることになる。若ハゲ治療費は自由診療だから、診察、施術する医療機関ごとに料金設定が全然違うんだ。

 

そのため、1回の診察で10,000〜30000円程かかると思って良いだろう。費用の内訳は、診察代、薬代、処方料金、検査費用などだ。費用をかけないために、治療費の安さだけで通院する病院を選ぶのはとても危ない感じもするよね。また、若ハゲ治療は最低でも6ヶ月くらいの期間がかかるから、ある程度費用を確保しておかないと心置きなく診察を受けることはできない。

 

このような心配を取り除くために、毛髪専門のクリニックの中には、医療ローンを取り扱っているところがある。ローンにもいくつか種類があって、クレジット会社と提携しているものや金利ゼロのものなどクリニックによって様々だ。若ハゲ治療費に不安があって医療ローンを利用したい場合には、利用可能かどうか事前に確認してみるといいよ。

 

例えば、湘南美容外科では医療ローンとして”ゼロ金利ローン”が実施されている。医療ローンには条件があるが、以下のものを準備して組む事が可能だ。月々3000円以上の返済であれば、1回〜84回まで分割して支払う事が出来るからまとまったお金が無い人には助かるね。

 

  • 身分証明書(運転免許・保険証・パスポート等)
  • 通帳やキャッシュカード
  • 通帳の登録印

君に該当する若ハゲ探偵(画像)をクリックしてくれ!

抜け毛が気になる、将来が不安だ、髪のボリュームが減った、いわば若ハゲ予備軍の段階にいる君はコチラ!

すでに自他ともに認める若ハゲであり、自宅ケアではなく医学的な治療が必要だと感じている君はコチラ!

若ハゲ育毛剤おすすめ

若ハゲ治療

若ハゲ治療で保険が適用されないのはどうして?関連

AGAのメカニズムを解説!なぜ起こるのか?
若ハゲであるAGAはなぜ起こるのか?そのメカニズムについて若ハゲ探偵が詳しく解説してみた!少しややこしい話になるが、参考にしてもらいたい。
若ハゲ治療薬の医薬品と医薬部外品には何がある?
若ハゲを治療する方法にはいろいろありますが、病院での診断を受けずに治療する場合や病院での治療の補助的な役割で、市販されている育毛剤などを利用することが多いのではないでしょうか。
生え際にグロースファクター注入治療が私には最終手段だった!【体験談】
何だかんだで私の後退した生え際には、グロースファクター注入治療が功を奏したと思われる。私の体験談を踏まえて生え際のグロースファクター治療について書いてみたいと思う。
プロペシアとブブカのどっちを使うべき?体験談からアドバイス!
プロペシアを使うべきか?それともブブカを使うべきか?副作用などの心配を考えるとブブカが良い気がするのだが、本当にブブカで大丈夫か?やっぱり医薬品のプロペシアじゃないと駄目なのか?