MENU

若ハゲ治療薬の医薬品と医薬部外品には何がある?

若ハゲ探偵

 

このページでは、巷で言われる育毛剤と病院で出される育毛剤の決定的な違いについて解説している。ヒントは医薬品と医薬部外品だ。この違いについて知っておくことも若ハゲ治療では必要だ。

 

あと、日本皮膚科学会という大きな日本の学界がAGA治療ガイドラインというものを発表している。2010年に発表されたガイドラインだが、そこにはAGAや若ハゲの治療に効果的とされる成分や方法を5つのランクにわけて評価しているんだ。

 

例えば、ミノキシジルとフィナステリドは最高ランクに評価されているし、人工毛植毛は一番最低ランクとされている。自毛植毛に関しては同じ植毛でも安全性が高いのでB(2番目)ランクになっている。詳しくは以下を見てほしい。


 

若ハゲを治療する方法にはいろいろあるが、病院での診断を受けずに治療する場合や病院での治療の補助的な役割で、市販されている育毛剤などを利用することが多いだろう。若ハゲ治療薬の中でも、薬局などで市販されていて手軽に購入することができる育毛剤などは、一部を除いて医薬部外品という部類になる。医薬品に比べると、とても穏やかな効果となっているから満足できず、効果が無いと感じる人も多いようだ。

 

若ハゲ治療薬の医薬品として処方されるプロペシアと比べると、効果は薄いものの、手軽に購入することができたり、成分の規制などがあったりするため、副作用が少ないという特徴がある。医薬品は効果が高い分、副作用が起こることもあるので、初期段階であれば医薬部外品を使ってみるのもいいかもしれないね。症状が進行してしまっている場合には、医薬部外品を使っても効果を期待できない可能性が高いから、若ハゲ治療薬は医師の診断の元、医薬品を利用するほうがいいのではないだろうか。

 

若ハゲ探偵が、このサイトで若ハゲの育毛剤として勧めているのも医薬部外品だ。ただ、上述の通り既に進行が進んでいるのであれば医薬部外品では心もとない気もする。だから、医師のもとで医薬品を使った治療がお勧めなのだ。

 

日本皮膚科学会のAGA治療のガイドラインの勧める治療薬

 

男性型脱毛症である若ハゲは、国内だけでなく海外でもいろいろな学会のテーマとして取り上げられてる。皮膚科だけなく、外見的な要素から美容外科の分野でも多くの発表が出されているし、医師はそれらの学会に参加していろいろな知識を蓄えているわけだ。

 

その中に、日本皮膚科学会の若ハゲ診療ガイドラインがあり、治療方法や治療薬を選ぶときの参考にすることがでるので紹介しておこう。若ハゲ治療に関しては、まだまだ根拠のないことが出回っているため、医学的根拠のある薄毛治療をするためにこのガイドラインが発表されたというわけだ。訳のわからない育毛ケアで何十万ものお金を支払う情報弱者を救済するためとも言えるだろう。悩みに漬け込んだアクドイ商売しているところも多いからな。

 

このガイドラインによると、2010年現在全国で800万人の男性が薄毛に悩んでいるそうだ。最近では、性別に関係なく薄毛に悩んでいることが多く、さらに増加している傾向にあるのではないかと言われている。また、ガイドラインでは若ハゲ治療の外用薬である育毛剤の主成分で、発毛効果が強く勧められている成分はミノキシジルで、飲み薬の主成分の発毛効果としては、フィナステリドが勧められています。フィナステリドというのはプロペシアの主成分だな。若ハゲ治療を始めようとしているならこのガイドラインに目を通してみるといいかもしれないね。

 

日本皮膚科学会の男性方脱毛症診療ガイドライン

Aランク(強く推奨) ミノキシジル外用、フィナステリド内服
Bランク(推奨) 自毛植毛
C1ランク(十分な根拠なし) 塩化カルプロニウム外用、t-フラバノン外用、アデノシン外用、サイトプリン・ペンタデカン外用、ケトコナゾール外用
C2ランク(非推奨) セファランチン外用
Dランク(強く非推奨) 人工毛植毛、女性のフィナステリド内服

君に該当する若ハゲ探偵(画像)をクリックしてくれ!

抜け毛が気になる、将来が不安だ、髪のボリュームが減った、いわば若ハゲ予備軍の段階にいる君はコチラ!

すでに自他ともに認める若ハゲであり、自宅ケアではなく医学的な治療が必要だと感じている君はコチラ!

若ハゲ育毛剤おすすめ

若ハゲ治療

若ハゲ治療薬の医薬品と医薬部外品には何がある?関連

AGAのメカニズムを解説!なぜ起こるのか?
若ハゲであるAGAはなぜ起こるのか?そのメカニズムについて若ハゲ探偵が詳しく解説してみた!少しややこしい話になるが、参考にしてもらいたい。
若ハゲ治療で保険が適用されないのはどうして?
医療機関で若ハゲの治療を行う場合、自由診療で保険適用外になるため、治療費を全額負担することになる可能性が高いです。
生え際にグロースファクター注入治療が私には最終手段だった!【体験談】
何だかんだで私の後退した生え際には、グロースファクター注入治療が功を奏したと思われる。私の体験談を踏まえて生え際のグロースファクター治療について書いてみたいと思う。
プロペシアとブブカのどっちを使うべき?体験談からアドバイス!
プロペシアを使うべきか?それともブブカを使うべきか?副作用などの心配を考えるとブブカが良い気がするのだが、本当にブブカで大丈夫か?やっぱり医薬品のプロペシアじゃないと駄目なのか?